会社概要

社長メッセージ

毎日の食卓に精米したてのおいしさと、健康をお届けする

当社は1950年6月、富山県上市町にて創業しました。

以来、主に精米機を中心としたお米に関連する機械を開発製造し続けてまいりました。
日本人の主食であるお米、そのお米が皆様の食卓に届くまで長い生産過程がありますが、最後の加工で使用されるのが精米機です。

農家の皆様が苦労して作られたお米を大切に仕上げる機械、それが精米機です。
私共は、その精米機を作ることに誇り持ち、これからも高品質でおいしいお米を食べて頂くために、今まで培ってきた技術をさらに磨き、より喜ばれる機械を世に送り出していきたいと思います。

代表取締役社長
平野 泰孝

社是

イエス様のお言葉

  1. 人には常に愛の心を忘れるな
  2. 人を裁く心を持つな
  3. 人には平等にせよ
  4. 人の上に自分を置くな
  5. 人の足を洗わせて頂く心を持て

会社概要

名称
マルマス機械株式会社
創業
1950年6月1日
本社・工場
〒930-0314 
富山県中新川郡上市町若杉2番地
資本金
8,960万円
代表者
代表取締役社長 平野泰孝
従業員数
50名
主要取引先
株式会社クボタ・ヤンマーアグリジャパン株式会社・全国農業協同組合連合会・株式会社ISEKIアグリ
三菱マヒンドラ農機株式会社・金子農機株式会社・やまびこジャパン株式会社・北越工業株式会社
三条化工株式会社・株式会社ヨシカワ
生産品目
精米機・籾摺精米機・コイン精米機・石抜機・餅ねり機・製粉機・穀物昇降機・穀物選別機・コーヒー脱穀機
取引銀行
  • 北陸銀行
  • 日本政策金融公庫
  • 富山銀行
  • 商工組合中央金庫
  • 富山信用金庫
関連会社
全国800店(全国マルマス会)
協力工場
マルマス機械協力会
本社、工場敷地
14,104.87㎡・建物床面積65,81.14㎡
新潟工場敷地
15,391.71㎡・建物床面積78,09.04㎡
マルマス機械株式会社 本社

富山県中新川郡上市町若杉2番地
TEL:076-472-2233
FAX:076-473-9100

新潟工場

新潟県燕市小池5212番地の3
TEL:0256-66-2411
FAX:0256-61-1100

沿革

昭和21年9月21日
市田株式会社農機部として金沢で創業 1946
昭和25年6月1日
富山県上市町三日市において
マルマス機械株式会社設立
資本金50万円
循環式精米機及び製粉機を製造開始 1950
昭和27年
資本金100万円に増資 1952
昭和28年
工場増設・資本金300万円1953
昭和30年
製餅機完成1955
昭和32年
一回搗精米機完成1957
昭和33年
チョッパー完成1958
昭和34年
上市町三日市に本社社屋新築・工場拡張
資本金600万円に増資1959
昭和35年
第2工場新築1960
昭和36年
カッター完成
資本金980万円に増資・広島出張所を設置1961
昭和37年
倉庫(第1)新築
第1期5ヵ年計画を推進する一貫として
資本金1,980万円に増資
新工場用地を上市町若杉に買収 1962
昭和42年
第4倉庫新築 札幌出張所設置 空気搬送機完成1967
昭和43年
工場増築 塗装装置を完備1968
昭和44年
第5倉庫新築 成苗田植機完成 1969
昭和45年
新潟県燕市小池農機株式会社の土地及び建物設備を買収し新潟工場新築1970
昭和48年
籾摺精米機完成1973
昭和49年
新潟工場増築 新型バラ播き育苗用田植機完成 1974
昭和50年
穀物搬送機ユニコン完成1975
昭和51年
新潟工場増築 中耕除草機に自動水分測定装置(マイクロ波水分計)を取付けた乾燥機完成 1976
昭和52年
資本金6,960万円に増資 多目的ライトカルチ完成 1977
昭和53年
九州出張所設置 オフィスコンピューターを本社事務所に設置 1978
昭和55年
湧流循環籾摺精米機 家庭用製粉機ホーミル完成1980
昭和56年
石抜機完成 一般機械部品の委託加工取入れ 大型コンピューター設置 1981
昭和57年
水田自動灌水装置水番完成 ロボットNC工作機械設置1982
昭和59年
新潟工場で最新燐酸亜鉛処理の塗装装置を完備1984
昭和61年
10月富山県発明とくふう展において富山県知事賞受賞1986
昭和62年
新潟工場でプレス機械8台及びワイヤーカット設置 設計CADシステム設置1987
昭和63年
本社工場で精密CNC旋盤(自動供給装置付)設置1988
平成元年
自動車業界のワークスシステム導入 産業機械部門強化 1989
平成2年
新潟工場でCNCレーザーパンチングプレス機 板金CAD/CAMシステム導入 1990
平成3年
本社工場に最新無公害粉体塗装装置を完備1991
平成4年
本社工場CNC複合精密旋盤(ロボット機能付)導入 技術研究本部に設計CADシステム導入及び光ファイリングマシン設置 1992
平成5年
小型業務用精米プラント及びコイン精米機シリーズ化完成1993
平成6年
産業教育110年記念教育功績者表彰受賞1994
平成7年
新潟工場に2機目のNCレーザーパンチングプレス機 自動搬入装置付自動倉庫を完備 新潟工場で無公害粉体塗装工場ライン(全長300m)増築 1995
平成8年
コイン精米機「自動精米所HS・7型」完成1996
平成9年
平成9年度中部地方発明表彰中小企業庁長官奨励賞受賞1997
平成11年
家庭用小型精米機量産開始1999
平成15年
無洗米加工機 MRT-3E型発売 北日本新聞第10回企業グランプリ(技術部門)を受賞 業界初となる無洗米自動精米所THS-10型を発売 2003
平成16年
技術研究本部に3DCAD導入2004
平成19年
自動精米所HS-303シリーズ発売2007
平成25年
ロングライス用精米機MHR-1500型発売2013
平成25年
イタリア・サルバニーニ社製ファイバーレーザー加工機を導入2013
平成28年
新型自動精米所 IWH-100型発売2016
平成29年
穀物搬送機SC500型発売2017
令和4年
業務用10馬力精米機発売予定2022
ツールリスト(販売店様限定) ツールリスト(販売店様限定)